青和特許法律事務所

  • トップ
  • IP情報
  • プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する現状について

プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する現状について

  • 日本
  • 特許・実用新案
  • 制度の解説
  • 判例紹介・解説
  • 用語解説

2009/9/28

〔概要〕
2009年9月28日に東京で行われたセミナー
“IP Strategy on Product by Process Claims and Contributory Infringement in Japan, United States and Germany”
における弊所弁護士永井紀昭の講演スライドを再掲します。

<目次>
1.プロダクト・バイ・プロセス・クレーム
(1)定義
(2)問題の所在
(3)見解

2.プロダクト・バイ・プロセス・クレームの取扱い~特許性の判断の場面
(1)特許庁の審査基準
(2)特許性の判断に関する裁判例

3.プロダクト・バイ・プロセス・クレームの取扱い~侵害の有無の判断の場面
(1)最高裁判例~長押事件(最高裁昭和56年6月30日)
(2)下級審裁判例

4.考察
(1)審査基準の分析
(2)裁判例の分析
(3)まとめ 

詳細情報

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら