青和特許法律事務所

  • トップ
  • IP情報
  • オーストラリア特許法等の改正
    -2013年4月15日発効-

オーストラリア特許法等の改正
-2013年4月15日発効-

  • その他の国
  • 特許・実用新案
  • 商標
  • その他(著作権・不正競争・ドメイン等)
  • 法改正・制度改正

2013/02/15

〔概要〕
 2012年4月15日付で成立したオーストラリア特許法等の改正法(Raising the Bar)は、特許出願の審査等に関する主要な事項について2013年4月15日に発効する予定です(以下、「発効日」と記す)。具体的には、発効日以降の出願及び発効日以降に審査請求される、分割出願を含むすべての出願に改正法が適用されます。
 今回の改正法は、特許出願をより厳格に審査することが主要な目的になっています。そのため、出願人にとって審査が厳格になる前の現行法の恩恵を受けるためには、審査請求を発効日前に行う必要があります。また、オーストラリアに移行する予定の国際出願及び分割を予定している出願がある場合、それぞれ必要な手続きを進め、審査請求を発効日前に行うことをお勧めします。

 改正法は、下記の6つの主要テーマから構成されています。
 (1)審査における判断基準を引き上げ、特許の質の向上を図る
 (2)許認可手続及び試験研究のための特許発明の利用を侵害行為から除外し、特許発明の合法的利用範囲を拡充する(注1)
   
(3)異議申立及び分割出願に係る規定を改め、特許出願及び商標出願の審査、異議手続きを合理化し、権利範囲の早期確定を図る
 (4)知的財産の専門家の活動を支援すべく、特許代理人としての地位を法人にも認めるとともに、弁護士の法的助言に係る秘匿特権の対象範囲を拡充する
 (5)商標権侵害者に対する罰則を強化するとともに、輸入された模造品の差押手続きを合理化し、商標権及び著作権の行使に関する制度を改善する
 (6)知的財産制度を簡素化すべく特許等の手続きに係る障害を除去し合理化する

<目次>
 
1.付与される特許の質の向上
   2.許認可手続及び試験研究のための特許発明の利用(注1)
   
3.特許出願及び商標出願の審査、異議手続の合理化
   4.知的財産専門家の活動の支援
   5.商標権及び著作権の行使に関する制度の改善
   6.知的財産制度の簡素化

(注1)項目2は、2012年4月16日に発効しています。

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら