青和特許法律事務所

韓国特許法改正の解説
-2020年3月11日施行予定-

  • 特許・実用新案
  • 法改正・制度改正

韓国特許法が改正され、20191210日に公布されました。本改正によれば、方法の発明の実施態様として、「その方法の使用の申出をする行為」が含まれることになり、これによって、例えばソフトウェア関連発明が方法の発明として特許を受けている場合に、その方法を具体化したプログラム等を悪意にオンラインで提供する行為が特許発明の侵害に該当することとなります。本改正は、2020311日に施行される予定です。本稿では、本改正の主な内容を概説します。

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら