青和特許法律事務所

アフリカ広域知的財産機構(ARIPO)

  • その他の国
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • 条約
  • 用語解説

2011/10/11

〔概要〕

アフリカ広域知的財産機構(ARIPO:African Regional Intellectual Property Organization)は、財政的及び人的資源の重複を避け、知的財産分野におけるメンバー国の資源を共に活用するため、英語圏のアフリカ諸国により1976年に設立されました。当初はアフリカ英語圏工業所有権機構(ESARIPO)と称していましたが、1982年にジンバブエのハラレ(Harare)において、「特許及び意匠に関するハラレ・プロトコル(Harare Protocol)」を採択すると共に、機構の名称をアフリカ広域知的財産機構(ARIPO)に改称されました。 

2011年10月現在、ARIPOのメンバー国は18ですが、このうちソマリア(SO)を除く17カ国がハラレ・プロトコルに加入しています。

<目 次>
1.アフリカ広域知的財産機構(ARIPO)とは
2.ハラレ・プロトコルとARIPO特許・ARIPO意匠登録
3.ARIPO特許とPCT
4.ARIPOのメンバー国  

 

 

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら