青和特許法律事務所

韓国特許法改正の解説-2017年3月1日施行-

  • その他の国
  • 特許・実用新案
  • 法改正・制度改正

韓国特許法が改正され、2017年3月1日に施行されました。本稿では主な改正内容について、改正前と対照して概説します。

主な改正事項一覧
1. 審査請求期間の短縮 <特59(2):改正>
2. パリ優先基礎出願の審査情報提供義務の新設 <特63条の3:新設>
3. 職権補正範囲の拡大 <特66条の2:改正>
4. 特許決定後の職権再審査制度の新設 <特66条の3:新設>
5. 冒認特許からの正当権利者保護の拡大 <特35条:改、99条の2:新設>
6. 特許取消申請(異議申立)制度の新設 <特132条の2~15:新設>
7. 特許無効審判における訂正請求時期の改正 <特133条の2:改正>

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら