青和特許法律事務所

  • トップ
  • IP情報
  • 応用美術の著作物性に関する近時の裁判例
    (特にTRIPP TRAPP事件後の裁判例について)

応用美術の著作物性に関する近時の裁判例
(特にTRIPP TRAPP事件後の裁判例について)

  • 日本
  • その他(著作権・不正競争・ドメイン等)
  • 判例紹介・解説

2015年のTRIPP TRAPP事件知財高裁判決は、いわゆる応用美術の著作物性を広く認める新たな基準を提示して話題となりました。しかしその後に地裁及び高裁でなされた判決をみると、裁判所は必ずしも従来の基準を放棄したわけではないように見受けられます。本稿では、応用美術の著作物性に関する近時の裁判例について、TRIPP TRAPP事件後の裁判例を中心に概観するとともに、裁判例の傾向を踏まえた実務上の留意点についても説明いたします。

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら