青和特許法律事務所

  • トップ
  • IP情報
  • TPP協定締結に伴う特許法等の改正
    施行日は2018年12月30日に決定

TPP協定締結に伴う特許法等の改正
施行日は2018年12月30日に決定

  • 日本
  • 特許・実用新案
  • 商標
  • 条約
  • 法改正・制度改正

「環太平洋パートナーシップ協定」(TPP協定:Trans-Pacific Partnership Agreement)は、昨年の米国の離脱後、日本を含む11ヶ国 (TPP11)が改めて「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」(CPTPP)として合意し、本年3月には署名が行われました。TPP協定の目的は、加盟国の経済連携によって外国への投資や貿易を促進することで、その対象は工業製品、農産品、食品の他にもコンテンツやサービスなど多岐にわたります。TPP協定に基づく国内法の整備は、「環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律」(TPP整備法、2018年6月29日成立、7月6日公布)により行われ、これによる特許法等の改正がTPP協定発効日(2018年12月30日に決定)に施行されます。特許法では手続遅延期間を補償する新たな特許権存続期間の延長制度が、商標法では法定損害賠償制度がそれぞれ導入されるため、注意が必要です。本稿ではTPP整備法に基づく特許法・商標法の改正内容について概説します。

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら