青和特許法律事務所

  • トップ
  • IP情報
  • 新たな特許権存続期間延長(期間補償延長)制度の解説

新たな特許権存続期間延長(期間補償延長)制度の解説

  • 日本
  • 特許・実用新案
  • 法改正・制度改正
  • 制度の解説

「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」(CPTPP)に伴い特許法が改正され、従来の医薬品等に係る特許権の存続期間延長(医薬品等延長)制度に加えて、手続遅延期間を補償するための新たな特許権存続期間の延長(期間補償延長)制度が導入され、2020 年3 月 10 日以降の出願から適用が開始されます。弊所では本制度について、2018 年 11 月 15 日付 Seiwa IP News 「TPP 協定締結に伴う特許法等の改正」等で既に速報しておりますが、その後に新たな審査基準も発表され、制度の詳細が明らかになりつつあります。本稿では、新たな期間補償延長制度の運用開始に伴い、その内容について解説します。

詳細情報

詳細は、お知らせしたパスワードを入力してご覧になれます。
パスワードについてご不明の点は、 弊所の貴社担当者までお問い合わせください。

ページトップに戻る

お問い合わせ

  • TEL:03-5470-1900(代表)
  • FAX:03-5470-1911(代表)

アクセス

〒105-8423
東京都港区虎ノ門3丁目5-1
虎ノ門37森ビル(10階)

詳細はこちら