ご挨拶

1966年4月、神奈川県川崎市で一つの特許事務所が産声を上げました。現在の青和特許法律事務所の前身、青木内外特許事務所です。
創業者青木朗は企業内研究者の経験から、企業競争力の源泉として特許権をはじめとする知的財産の価値を高く評価すると共に、諸外国、特に欧米における知的財産権取得が当時の日本企業にとって極めて重要であることを認識していました。
また、単なる権利化に止まらず権利行使も念頭に置いた知的財産戦略が必要であるとの信念を持っていました。
国際化、エンフォースメントを念頭に置き、クライアント様の知的財産権取得・活用のお役に立つこと、これを事務所運営の基本といたしました。

時は移り、AIを始め創業時には空想レベルであった新たな技術が企業の将来を左右する時代が来ています。企業の海外ビジネス展開があたりまえとなるばかりか、中国・韓国の目を見張る産業・技術の発展等、ビジネス世界の状況も創業時とは全く異なります。
しかし、時は移っても創業時の精神は変わりません。
先端技術に精通すること、国内外の知的財産権関連法に精通すること、国際的ネットワークに更なる厚みを持たせること、加えて、ビジネスの視点も重視した業務を提供すること、これを私たち青和特許法律事務所メンバーの理念とし、クライアント様の知財価値最大化に貢献すべく所員一同精進して参ります。

今後も、青和特許法律事務所へのより一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

青和特許法律事務所

所長 青木 篤